EVENT

全てのチケットは、Rethink Loungeのカウンターにて販売中!

6
17

「TOKYO 月曜プリマ」公開生放送

Sundayカミデがお送りするプライベートレッスン番組「TOKYO 月曜プリマ」公開生放送。
ゲストにbonobosの蔡忠浩さんをお迎えしてお届けします!

「TOKYO 月曜プリマ」公開生放送

2019.6.17(mon)
Rethink Lounge TORANOMON

入場料:前売り 1,500yen(1drink代別)/ 当日2,000yen(1drink代別)
open19:00 / start19:30

出演:ホストMC:Sundayカミデ(ワンダフルボーイズ)
ゲスト:蔡忠浩(bonobos)

チケット イープラス 2019.5.10 10:00〜発売

【メール予約】 2019.5.10 10:00〜予約開始
yoyaku@r-l-t.jp
お名前/枚数、公演日を明記の上、上記アドレスへご送信下さい。
受付終了しましたら、予約完了のメールを返信させていただきます。
携帯電話のメールアドレスから予約される場合、ドメイン指定受信を設定されている方は「@r-l-t.jp」を受信できるように指定してください。

※未成年者はご入場頂けません。
※入場順は当日の先着順となります。
※入場の整列は17:00から可能です。
※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

Sundayカミデ | Sunday Kamide
「マジであった事POPMUSIC」をダンサブルに表現するバンド「ワンダフルボーイズ」のボーカル。
盟友、奇妙礼太郎との「TENSAI BAND Ⅱ」では鍵盤、ベースとして活動し、ボーカル/ピアニスト/ソロシンガーと多数の顔を持つアーティスト。イベント「Love sofa」のオーガナイザーでもある。 21世紀の名曲「君が誰かの彼女になりくさっても」の作詞作曲としても知られ、最近では様々なアーティストへの楽曲提供やサウンドプロデュースも手掛ける。 また、やついいちろうとユニット「ライトガールズ」を結成。2018年11月には1stAlbum「円山町ロマンチック通り」をリリース。 2019年4月にはワンダフルボーイズ としてメジャーデビューAlbum「We are all」をリリース。
www.sundaykamide.com

蔡忠浩 | Sai Chungho
1975 年産まれ、関西出身。bonobosのボーカル&ギターで作詞曲担当でもある。酸いも甘いも、多少包み隠しながら書く、人間味のある歌詞と、言葉にならない気持ちを音に変換させ、音楽を作り、奏でる。ここ数年はバンドやソロ活動の枠を越え、舞台の音楽監督や映像への音楽提供なども行う

7
1

「TOKYO 月曜プリマ」公開生放送

Sundayカミデがお送りするプライベートレッスン番組「TOKYO 月曜プリマ」公開生放送。
今回は最新作「愛がなんだ」が絶賛公開中!映画監督の今泉力哉さんを迎えて、生放送トークでお送りします。

「TOKYO 月曜プリマ」公開生放送

2019.7.1(mon)
Rethink Lounge TORANOMON

入場料:前売り 1,500yen(1drink代別)/ 当日2,000yen(1drink代別)
open19:00 / start19:30

出演:ホストMC:Sundayカミデ(ワンダフルボーイズ)
ゲスト:今泉 力哉(映画監督)

チケット イープラス 6/7 10:00~発売

【メール予約】 受付中
yoyaku@r-l-t.jp
お名前/枚数、公演日を明記の上、上記アドレスへご送信下さい。
受付終了しましたら、予約完了のメールを返信させていただきます。
携帯電話のメールアドレスから予約される場合、ドメイン指定受信を設定されている方は「@r-l-t.jp」を受信できるように指定してください。

※未成年者はご入場頂けません。
※入場順は当日の先着順となります。
※入場の整列は17:00から可能です。
※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

Sundayカミデ | Sunday Kamide
「マジであった事POPMUSIC」をダンサブルに表現するバンド「ワンダフルボーイズ」のボーカル。
盟友、奇妙礼太郎との「TENSAI BAND Ⅱ」では鍵盤、ベースとして活動し、ボーカル/ピアニスト/ソロシンガーと多数の顔を持つアーティスト。イベント「Love sofa」のオーガナイザーでもある。 21世紀の名曲「君が誰かの彼女になりくさっても」の作詞作曲としても知られ、最近では様々なアーティストへの楽曲提供やサウンドプロデュースも手掛ける。 また、やついいちろうとユニット「ライトガールズ」を結成。2018年11月には1stAlbum「円山町ロマンチック通り」をリリース。 2019年4月にはワンダフルボーイズ としてメジャーデビューAlbum「We are all」をリリース。
www.sundaykamide.com

今泉 力哉|IMAIZUMI RIKIYA
1981年生まれ。福島県出身。数本の短編映画を監督した後、2010年『たまの映画』で長編映画監督デビュー。2012年、“モト冬樹生誕60周年記念作品”となる『こっぴどい猫』を監督し、一躍注目を集める。2013年、こじらせた大人たちの恋愛群像劇を描いた『サッドティー』が第26回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品。『知らない、ふたり』(2016)、『退屈な日々にさようならを』(2017)も、それぞれ、第28回、第29回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品されている。他の長編監督作に『鬼灯さん家のアネキ』(2014)、『パンとバスと2度目のハツコイ』(2018)など。現在、主演に岸井ゆきのを迎え直木賞作家、角田光代のみずみずしくも濃密な片思い小説を見事に映画化した『愛がなんだ』が絶賛公開中。新作に伊坂幸太郎原作&三浦春馬主演の『アイネクライネナハトムジーク』(2019年9月20日公開)が待機中。
twitter @_necoze_

8
2

小宮山雄飛があの人と話す会 Vol.27

ホフディランの小宮山雄飛が、様々なゲストを迎えて1対1でじっくり喋り尽くすトークイベント『小宮山雄飛があの人と話す会』
第27回のゲストはサニーデイ・サービスの田中貴。夏のカレーとラーメンについてたっぷり話します。

小宮山雄飛があの人と話す会 Vol.27
ゲスト/田中貴(サニーデイ・サービス)

2019.8.2(fri)
Rethink Lounge TORANOMON

入場料:前売り1,500yen/当日 2,000yen (ドリンク代別途)
open 18:30 / start 19:00

チケット
イープラス

【メール予約】
yoyaku@r-l-t.jp
お名前/枚数、公演日を明記の上記アドレスへご送信下さい。
受付終了しましたら、予約完了のメールを返信させていただきます。
携帯電話のメールアドレスから予約される場合、ドメイン指定受信を設定されている方は「@r-l-t.jp」を受信できるように指定してください。

※未成年者はご入場頂けません。
※入場順は当日の先着順となります。
※入場の整列は17:00から可能です。
※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

小宮山雄飛 | Yuhi Komiyama
東京・原宿生まれ。1996年ホフディランのVo&amo;Keyとしてデビュー。音楽活動以外にもラジオ・テレビ・雑誌など活躍の場を広げ、今最も多くレギュラー・連載を持っているミュージシャンであリ、カルチャー・流行面で同世代へ大きな影響力を持つ一人である。 食通としても知られ、コラムの執筆やテレビ、ラジオ番組の出演などを多数こなし、“音楽界のグルメ番長”の異名を持つ。オリジナルレシピ゚をまとめたカレー本を2冊上梓。また2015年に、自身が生まれ育った渋谷区の観光大使兼クリエイティブアンバサダーに就任。19年には日本初のレモンライス専門店「Lemon Rice TOKYO」をオープンさせるなど、多彩な能力を発揮してさまざまな活躍を見せるマルチクリエイター。
hoff.jp

田中貴 | Takashi Tanaka
サニーデイ・サービス サニーデイ・サービスのベーシスト。1994年にメジャーデビュー後、 国内外多くのアーティストのライブサポート、レコーディングセッション、プロデュースでも活躍中。 20年以上も全国の店を食べ歩くほどのラーメン好きで、雑誌連載、著書出版のほか、 メインMCを務める『ラーメンWalker TV2』も乃木坂46をゲストに迎え、CSフジにてOA中。 サウンドトラックを手がけたアニメ『ラーメン大好き小泉さん』のCD、DVD、ブルーレイが好評発売中。
rose-records.jp/artists/sunnydayservice/

8
13

空耳人生 友の会 Vol.29

イラストレーターであり、アートディレクターであり、そしてソラミミストでもある安齋肇。遅刻をくりかえし、締切をふみたおしながらも、表舞台に立っているにはワケがあった。公私ともに関わってきた友人を毎回ゲストに迎え、その “空耳な人生”の極意をアツくユルくお届けする初のトークイベント。
第29回は、フォークシンガー小象さん、でめたんさん、そして大堀浩一さん。どんな展開になりますことか。

2019.08.13(tue)
Rethink Lounge TORANOMON

入場料:1,500yen(1drink代別)/当日2,000yen(1drink代別)
open18:30 / start19:00

出演:安齋肇/フォークシンガー小象/でめたん/大堀浩一

チケット 
イープラス

【メール予約】
yoyaku@r-l-t.jp
お名前/枚数、公演日を明記の上、上記アドレスへご送信下さい。
受付終了しましたら、予約完了のメールを返信させていただきます。
携帯電話のメールアドレスから予約される場合、ドメイン指定受信を設定されている方は「@r-l-t.jp」を受信できるように指定してください。

※未成年者はご入場頂けません。
※入場順は当日の先着順となります。
※入場の整列は17:00から可能です。
※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

安齋 肇 | Hajime Anzai
1953年、東京都広尾生まれ、池袋育ち。JAL「リゾッチャ」のキャラクターデザインや、NHK「しあわせニュース」のタイトル画を手がける。また、ユニコーンや奥田民生ツアーパンフレットのアートディレクション、宮藤官九郎原作の絵本「WASIMO」や作品集「work anzai」、ドローイング集「draw anzai」を出版。テレビ朝日系「タモリ倶楽部」空耳アワー、NHK BSプレミアム「笑う洋楽展」などに出演。ナレーションやバンド活動も行っている。

フォークシンガー小象 | Folk Singer Syozo
2000年より、小林顕作(現・宇宙レコード)とフォークデュオ「羊(ひつじ)」を結成、カバー曲でのライブ活動を始める。その後「フォークシンガー小象」としてソロ活動を開始。BSフジ「宝島の地図」の“小象さんの歌のコーナー”で毎月オリジナル曲を歌う。2008年10月から一年間、大堀こういちと細川徹による「男子はだまってなさいよ!」というラジオ感覚のゆるいマンスリーイベントで毎回即興曲を披露。2012年からWOWOWプレミアTV Bros.TV ~異色テレビ誌・テレビブロスがテレビになったよ。~エンディングテーマ「テレビのない世界」を歌唱している。同年、文化放送ラジオ「フォークシンガー小象の夜明けのフォークソング」でナビゲーターを務める。2014年新宿 末広亭新宿『落語色物定席』夜の部ゲスト出演、落語ファンのお客さんから賛辞を受ける。フォークシンガー小象の魅力は、感動を与える懐かしいメロディーと謎の風貌、笑いがある絶妙のトークなどのトータルパフォーマンスであり、ライブでは毎回、小象の歌を全員で歌い上げる盛り上がりで、小象の世界にハマってゆく人が急増中である。
公式サイト

でめたん | Demetan
劇団健康 退団後大竹まこと氏に誘って頂いて、大竹氏の事務所に所属する。劇団健康時代に、三宅弘城とコンビを組んで公演をした時、「でめたん」という名前で活動していたため、芸名が「でめたん」となる。その後、お笑いライブに出演したり、ワンマンライブ「デメタンソロ➕ライブ」などを不定期にやっていたがどうにもこうにも肌に合わず、約4年で、事務所を抜けることになる。

大堀こういち | Koichi Ohori
五月舎養成所卒業後、劇団健康(現ナイロン100℃)に旗揚げより参加し、92年脱退。 その後、「シティーボーイズライブ」「ナイロン100℃」「遊園地再生事業団」「グループ魂(大人計画)」「RUPプロデュース」など多くの舞台へ客演。 2000年より温水洋一氏との二人芝居「O.N.アベックホームラン」結成。 また、細川徹氏のコントユニット「男子はだまってなさいよ!」にはレギュラー出演。細川徹氏との脱力系映像ユニット「HANAKUSONS」や、映像制作チーム「ナナ色」(俳優・緋田康人、本田隆一監督、他)で撮影・編集をし、定期的に上映会も行っている。 また近年は舞台演出や音楽活動をするなど精力的に活動中。
twitter