EVENT

全てのチケットは、Rethink Loungeのカウンターにて販売中!

11
6

Ust番組「TOKYO PRIMA SP」公開生放送

サンデーカミデがお送りするプライベートレッスン番組「TOKYO PRIMA SP」公開生放送 。
今回はスーパー・ササダンゴ・マシンさんを迎えて生放送トークでお送りします。

”Ust番組「TOKYO PRIMA SP」公開生放送 ”

2017.11.6(mon)
Rethink Lounge TORANOMON

入場料:1,500yen(1drink代別)
open19:00 / start19:30

出演:ホストMC:Sundayカミデ(ワンダフルボーイズ/天才バンド)
Guest:スーパー・ササダンゴ・マシン

チケット
【購入フォーム(パソコン/スマートフォン/携帯共通)】
イープラス  10/16(月)10時〜

【メール予約】
yoyaku@r-l-t.jp
お名前/枚数、公演日を明記の上記アドレスへご送信下さい。
受付終了しましたら、予約完了のメールを返信させていただきます。
携帯電話のメールアドレスから予約される場合、ドメイン指定受信を設定されている方は「@r-l-t.jp」を受信できるように指定してください。

※未成年者はご入場頂けません。
※入場順は当日の先着順となります。
※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

Sundayカミデ | Sunday Kamide
(ワンダフルボーイズ/天才バンド)
2000年からブラジルジャズBand、A.S.PやレゲエPOPBandのBOWLING.No9のベーシストとして活動。2010年からワンダフルボーイズのボーカル、2013年からは天才バンドのピアニストとしても活動中。加えてピアノソロ、読書ラバダブDJ、イベントLove sofaのオーガナイザーでもある。FM802のヘビーローテーションになった天才バンドの君が誰かの彼女になりくさってもや、SoftBankのCMで話題になった天才バンドのダラダラの作詞作曲者である。他に赤いきつねや、エアーサロンパスのCM音楽も手掛けている。
www.sundaykamide.com

スーパー・ササダンゴ・マシン | Super Sasadango Machine
新潟在住、謎の覆面レスラー。国籍年齢、一切不明。新潟のソウルフード「笹団子」の非公式親善大使。
www.shochikugeino.co.jp/talents/supersasadangomachine/

12
1

小宮山雄飛があの人と話す会 ホフディランスペシャル(略してホフスペ)

小宮山雄飛が様々なジャンルの著名人を迎えて1対1で話す「小宮山雄飛があの人と話す会」
次回は、なんとホフディランスペシャルとして、20年来の相方ワタナベイビーが特別出演!!
ホフディランの二人が過去のライブ映像やPV、貴重なTV出演映像などを見ながら2人っきりで20年間を振り返る超・超・超特別企画!! デビュー前の写真や、デビュー当時の非売品グッズなどお宝も登場、鑑定はいかに! さらに20年前の「ホフディランのオールナイトニッポン」の伝説企画も復活! とにかく何が飛び出すか分からない、ホフディランの玉手箱的イベント、お楽しみに。

小宮山雄飛があの人と話す会
ホフディランスペシャル(略してホフスペ)
出演/ホフディラン


2017.12.01(fri)

入場料:前売り2000yen+1drink(500yen)
    当日2,500yen+1drink(500yen)
open 18:30 / start 19:00

チケット
イープラス sold out

【メール予約】
yoyaku@r-l-t.jp
お名前/枚数、公演日を明記の上記アドレスへご送信下さい。
受付終了しましたら、予約完了のメールを返信させていただきます。
携帯電話のメールアドレスから予約される場合、ドメイン指定受信を設定されている方は「@r-l-t.jp」を受信できるように指定してください。

※未成年者はご入場頂けません。
※入場順は当日の先着順となります。
※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

ホフディラン | Hoff Dylan
日本が誇る2ピースPOPグループ。1996年「スマイル」で デビュー。1998 年には「遠距離恋愛は続く」「欲望」「極楽はどこだ」などお馴染みの曲は多数。FUJI ROCK FESTIVALへの参加、日本武道館でのワンマンライブを成功させる。約3年半の活動休止後、2006年9月に活動再開。
10月18日には“5年ぶり”のニューアルバム「帰ってきたホフディラン」を古巣ポニーキャニオンより発売!
hoff.jp

12
8

空耳人生 友の会 Vol.19

イラストレーターであり、アートディレクターであり、そしてソラミミストでもある安齋肇。遅刻をくりかえし、締切をふみたおしながらも、表舞台に立っているにはワケがあった。公私ともに関わってきた友人を毎回ゲストに迎え、その “空耳な人生”の極意をアツくユルくお届けする初のトークイベント。
第19回は、音楽評論家の湯浅学さん。どんな展開になりますことか。

2017.12.08(fri)

入場料:¥2,000(1drink代込み)
open18:30 / start19:00
出演:安齋肇/湯浅学

チケット
イープラス

【メール予約】
yoyaku@r-l-t.jp
お名前/枚数、公演日を明記の上記アドレスへご送信下さい。
受付終了しましたら、予約完了のメールを返信させていただきます。
携帯電話のメールアドレスから予約される場合、ドメイン指定受信を設定されている方は「@r-l-t.jp」を受信できるように指定してください。

※未成年者はご入場頂けません。
※入場順は当日の先着順となります。
※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

安齋 肇 | Hajime Anzai
1953年、東京都広尾生まれ、池袋育ち。JAL「リゾッチャ」のキャラクターデザインや、NHK「しあわせニュース」のタイトル画を手がける。また、ユニコーンや奥田民生ツアーパンフレットのアートディレクション、宮藤官九郎原作の絵本「WASIMO」や作品集「work anzai」、ドローイング集「draw anzai」を出版。テレビ朝日系「タモリ倶楽部」空耳アワー、NHK BSプレミアム「笑う洋楽展」などに出演。ナレーションやバンド活動も行っている。

湯浅学 |Manabu Yuasa
音楽評論家。湯浅湾。幻の名盤解放同盟常務。猫飼い56年。神奈川県横浜市生まれ育ち。プリンスロスの只中に今もあるアナログばか。 著書に、『ボブ・ディラン ロックの精霊』、『てなもんやサン・ラー伝』、『ねこのあと』など。

12
15

Rock, Talk, Smoke....Drunk? Vol,1

ロックと酒とタバコの伝道師 百々和宏(MO’SOME TONEBENDER)が毎回気心の知れたゲストをお迎えし、ラフなトークとピシャリなライブをお届けします。酩酊上等につきTwitterつぶやき厳禁な夜になること必至。

Rock, Talk, Smoke....Drunk? Vol,1

2017.12.15(fri)

入場料:2500yen(ドリンク代別途)
open 18:30 / start 19:00
ゲスト:初回ゲストは百々と長年親交の深いあの方々。発表は11月1日!

チケット
【購入フォーム(パソコン/スマートフォン/携帯共通)】
イープラス 2017.10.23 10:00〜

【メール予約】
yoyaku@r-l-t.jp
お名前/枚数、公演日を明記の上記アドレスへご送信下さい。
受付終了しましたら、予約完了のメールを返信させていただきます。
携帯電話のメールアドレスから予約される場合、ドメイン指定受信を設定されている方は「@r-l-t.jp」を受信できるように指定してください。

※未成年者はご入場頂けません。
※入場順 PG→メール予約の順番になります。
※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

百々和宏 | Kazuhiro Momo
’97年福岡で結成した真正ロックバンドMO’SOME TONEBENDERのギターボーカル。普段は安酒場をローリングする泥酔イスト。酒場紀行文を集めた「泥酔ジャーナル」の著者としてもカルトな人気を誇る。2012年からソロ活動を開始し、現在までに3枚のソロアルバムをリリース。幾多のセッションに加え、yukihiro(Dr / L’Arc-en-Ciel)、345(Vo, B / 凛として時雨)とのバンドgeek sleep sheepを結成するなど幅広く活動中。
百々和宏HP momokazuhiro.com
モーサムHP www.mosome.com